菓子・パン製造にバイオ燃料電力 長岡三古老人福祉会が事業

2013/8/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

社会福祉法人の長岡三古老人福祉会(長岡市、田中政春理事長)はバイオディーゼル燃料(BDF)を使った電力で、製菓・製パン事業を始める。市内の飲食店などから回収した廃食用油をBDFに精製。同会がレストランを運営している廃校となった旧小学校内にBDF発電機を設置し、菓子とパンの製造設備も整える。環境への負荷がないBDFを活用しながら、事業の多角化を進める。

2014年度に開始する。製造する菓子やパンは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]