/

この記事は会員限定です

広島マツダ、原爆ドーム隣接ビル改修 観光客に開放検討

[有料会員限定]

マツダ車の販売会社で老舗の広島マツダ(広島市)が広島市中心部に所有するオフィスビル「広島マツダ大手町ビル」の改修を計画していることが分かった。2015年中の完成を目指す。ビルは原爆ドームに隣接。新装後は一般にも一部開放し、市民や観光客が街並みを望める機能を盛り込むことも検討する。

同ビルは12階建てで、主に企業向けの事務所として使われていた。関係者によるとすでに入居していた企業は移転し、工事を準備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン