/

この記事は会員限定です

輸入小麦高で長野県産が攻勢 県など、ブランド確立し市場開拓

[有料会員限定]

県内で小麦生産をてこ入れする動きが広がってきた。円安傾向で輸入小麦が値上がりする中、価格を抑えつつ品質の高い小麦を作ることでブランドを確立し、市場を開拓しようという戦略だ。長野県農業試験場は病気に強い新品種を開発、生産拡大を急ぐ。柄木田製粉(長野市、柄木田英一郎社長)は県産小麦を使った強力粉3種を発売、食品メーカーなどに採用を働き掛ける。現時点で市場は小さいものの、県産小麦が一定の存在感を確保でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り829文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン