関係修復へ我慢比べ 斎木外務次官が近く訪中

2013/7/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日中両国政府は斎木昭隆外務次官が月内にも訪中し、中国の張業遂外務次官と会談する方向で調整に入った。両次官ともに就任したばかりで初の顔合わせとなるが、同協議が首脳会談の開催など関係修復への第一歩となるかは不透明だ。双方とも尖閣問題や歴史認識で安易な妥協はできず、思惑を探り合っている。

「さまざまな課題が日中間にはある。まずお互いが胸襟を開いて話をしていくことが大切ではないか」。首相は参院選翌日の2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]