半導体レーザー製造装置を中小に開放 独法、開発後押し

2013/7/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

独立行政法人の情報通信研究機構(NICT、東京都小金井市)は半導体レーザーなどの製造装置の利用を民間企業や大学にも認める。1日あたりの利用料は4万2千円。高価なクリーンルームや機器を自前で導入できない中小企業の研究開発を支援する。

NICTは情報通信分野を専門に研究する公的機関。本部には半導体レーザーの母材となるウエハーを加工する装置や電子ビーム蒸着装置など、光通信機器に必要な半導体レーザーを試…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]