/

この記事は会員限定です

新興国攻めきれぬアップル スマホ、日米頼み鮮明

4~6月22%減益

[有料会員限定]

【シリコンバレー=岡田信行】スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」で成長してきた米アップルが、新興国市場でつまずいている。4~6月は中国での売上高が前年比で14%減と急速に落ち込んだ。新興国のスマホ需要が拡大するなか、利益率が高い日米の販売に頼ったアップルの収益モデルは岐路を迎えている。

収益モデルに狂い

「中国には大きな商機がある。90日間(四半期)の結果だけで弱気にはなれな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン