/

不正アプリでデータ抜き取り、大量メール送付容疑で逮捕

不正アプリを使って、スマートフォン(スマホ)から電話帳データを抜き取り、出会い系サイトの勧誘メールを大量に送り付けたとして、千葉県警は24日、特定電子メール法違反などの疑いで、東京都内のIT会社「コーエイプランニング」の社長、香川雅昭容疑者(50)=目黒区青葉台2=ら計9人を逮捕した。

捜査関係者によると、昨年11月~今年3月、延べ約81万人が「ウイルス対策」などとうたった偽のアプリをダウンロードし、約3700万人分の電話帳データを抜き取られていた。アプリは香川容疑者らが、米国のサーバーに仕掛けたとみられる。

逮捕容疑は、昨年9月~今年3月、不正に売買された他人名義の携帯電話を使い、抜き取った電話帳データを基にして不特定多数の人に勧誘メールを計3回、送り付けるなどした疑い。香川容疑者は「間違いありません」と認めている。

約90台の携帯電話で、1日当たり約36万通を送信していた記録も既に押収。メールは香川容疑者らが運営する出会い系サイトにつながるよう設定されており、県警はこのサイトを利用させて、約3億8900万円を売り上げていたとみて、裏付けを進める。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン