iPSから「ミニ肝臓」量産技術 横浜市大・クラレ

2013/7/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市立大学の谷口英樹教授やクラレなどのチームは、人の様々な組織に育つiPS細胞から小さな肝臓を量産する技術を開発した。直径1ミリメートルにも満たないが、肝臓の塊を一度に600個作った。複数を肝炎など重い病気で肝臓が弱った患者に移植すれば、提供者が常に不足している臓器移植に代わる治療法になるとみている。10年以内の臨床応用を目指す。

移植治療では、病気で著しく衰えた肝臓のすべてや一部を他人の肝臓…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]