2018年12月11日(火)

温暖化による海の酸性化 殻つくる生物の試練に

2013/7/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)が大気から海に溶け、海の酸性化が進んでいる。その影響でサンゴの死滅などが懸念されているが、影響はそれにとどまらない。酸性化が進むと、何が起きるのか。

海水はもともと酸性かアルカリ性かの尺度である水素イオン濃度(pH、7が中性)が8.1~8.2で、弱アルカリ性だ。だが大気中のCO2が海に溶けると、pHが下がって7に近づく。いまもまだ弱アルカリ性であることに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報