/

この記事は会員限定です

居酒屋、消える均一価格店 原料高で採算取れず

[有料会員限定]

居酒屋大手が料理や酒類を一律290円などの低価格で提供する「均一価格店」から相次ぎ撤退する。先駆けだった「金の蔵ジュニア」の三光マーケティングフーズは年内に全店で均一の看板を下ろし、ワタミも出店戦略を見直す。リーマン・ショック後に店舗網が広がったが、円安による食材調達コストの上昇や景況感の回復などで消費者離れが進み、店舗運営が難しくなっていた。

三光マーケは2009年に金の蔵ジュニアの多店舗展開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません