/

この記事は会員限定です

国会事故調報告書、分かりやすく伝える 元スタッフが活動

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故への対応について、昨年夏に報告書をまとめた国会の事故調査委員会(事故調)の元スタッフらが、報告書の内容を分かりやすく伝えようと活動している。原発政策のあり方も問われる参院選の投開票日が近づく中、「個人が問題意識を持ち、議員に報告書の指摘を問い続けることが大切」と訴えている。

「報告書では事故は想定外ではなく、不作為による人災と結論付けました。備えるべきことをやって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン