福島の洋上風力「復興の象徴に」 実証研究へ開始式

2013/7/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福島県で大規模洋上風力発電を産業や観光の振興につなげる取り組みが始まった。巨大風車の整備が進められている小名浜港(いわき市)で13日に開かれた事業開始式で、同県の佐藤雄平知事は「風車の圧倒的な存在感が福島県の復興のシンボルになるのを願う」と挨拶。関連産業の集積と雇用の創出につなげる考えを示した。

巨大風車は現在、内部の配線工事や制御機器の調整を進めている。22日にも沖合20キロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]