2018年6月23日(土)

九州企業、カンボジア進出相次ぐ 富裕層に照準

2013/7/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 九州企業が相次いでカンボジアに進出する。弁当などの宅配事業を手掛けるデリズ(福岡市、井土朋厚社長)は2014年6月に首都のプノンペンで日本食レストランを出店する。不動産業の博多の森不動産(福岡市、曽根崎淳社長)は今月に南部のリゾート地ですし店を開業した。経済成長により増えている富裕層を主な顧客層にして事業の拡大を狙う。

 デリズが出店するレストラン1号店では弁当の宅配も行う方針。16年までに大都市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報