消費増税だれが負担 攻防が映す経済への重圧
第1回 データ@現場

2013/7/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都内にある大手スーパー本社の一室。訪れた総菜メーカーの営業マンに、スーパーの仕入れ担当者がこう告げた。「知恵を出していただけませんか」。6月上旬、来年4月の消費増税後の総菜の販売価格について話が及んだときのことだ。

総菜の値段は消費者に割安に感じてもらうため198円などの価格が多い。新税率は8%。増税分の3%をそのまま販売価格に上乗せすれば200円の大台を超え、売り上げが減りかねない。

「『…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

理解を深める関連記事

電子版トップ



[PR]