/

この記事は会員限定です

「黒田緩和」妨げる規制 進まぬ株式シフト

[有料会員限定]

アベノミクスの浸透により、今月下旬公表の消費者物価指数がプラスに転じるのはほぼ確実だ。唯一、機能していないのは、日銀の量的緩和によるポートフォリオリバランス効果だ。

同効果とは、投資家がインフレや成長への期待から資金を国債などの安定投資先から株などリスク商品へシフトさせること。だが、機関投資家の国債から外債や株への投資転換は進まず、円安、株高を後押しするメカニズムが働かない。

300兆円を超える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン