/

この記事は会員限定です

ヤンマー、GPSで収穫拡大 クボタは田植え不要に

[有料会員限定]

国内の農機大手各社が農作業の負担軽減などにつながる新型機やサービスを相次ぎ投入する。ヤンマーは今月から大規模農家向けに全地球測位システム(GPS)を活用し収穫量を増やせるサービスを提供する。クボタは9月に田植えの手間を省ける新型機を発売する。農機の国内生産額は4400億円程度と低迷が続く。各社は新サービス導入などで農機市場を活性化、国内農家の競争力向上につなげる。

ヤンマーは8日、会計ソフト会社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン