/

この記事は会員限定です

「安全性確認を」徹底審査求める 伊方原発、再稼働申請へ

[有料会員限定]

四国電力が伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の再稼働に向けた安全審査を8日に原子力規制委員会に申請することが決まった。規制委が安全性を確認し、愛媛県など地元自治体が了解すれば年明けにも再稼働する可能性がある。地元を中心に国に徹底した安全審査を求める意見が目立つ。

四国電力は5日、新しい規制基準の施行に伴う審査を規制委に申し出ることを愛媛県などに連絡した。8日に安全審査を申請した後、柿木一高・原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン