北海道電、電力網に大容量蓄電池 再生エネ拡大
住友電工製、発電量変動を調整

2013/7/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道電力が再生可能エネルギーの導入拡大に向け、寿命が長く安全性も高い新型の大容量蓄電池を導入することが分かった。住友電気工業が開発し、2015年にも電力網につないで稼働させる。太陽光発電などを大量導入すると電力網の電圧などが不安定になるのを蓄電池の充放電で防ぐ。電力会社が大容量蓄電池を本格導入する初の事例になり、再生エネ普及の弾みになりそうだ。

北海道電は新型蓄電池を基幹変電所に設置する計画だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]