2018年11月14日(水)

頓挫した「アラブ型民主主義」 エジプトのクーデター

(1/3ページ)
2013/7/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民主化のプロセスが振り出しに戻ることを誰が予想しただろう。エジプト軍が憲法を停止し、モルシ大統領を解任した。クーデターが意味するのは「アラブ型民主主義」確立の失敗である。その代償は重く、中東の混迷は一段と深まることになりかねない。

「出て行け!、出て行け!」。カイロ中心部のタハリール広場は2011年2月と同じスローガンで埋まった。しかし、広場を覆う熱狂がもたらしたのは似て非なるものだ。

国民分断

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報