欧州、若者の失業対策急ぐ 米でも若年雇用が課題に

2013/7/4付
保存
共有
印刷
その他

欧米で若年失業問題が深刻になっている。欧州連合(EU)は2014年から最大80億ユーロ(約1兆円)を投じ、国境を越えた職業訓練など包括的な失業対策に乗り出す。米国でも職探しをあきらめる若者が増え、若年雇用が政策課題に浮上してきた。先進国では世界平均を上回るペースで若年失業率が上昇し、労働市場の抜本改革が共通課題になっている。

【ブリュッセル=御調昌邦】EUは3日、ベルリンで独仏首脳らが参加する若…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]