/

この記事は会員限定です

東京五輪招致、強みは4000億円基金・半径8キロ内競技

[有料会員限定]

2020年夏季五輪招致を目指す東京は3日、スイスのローザンヌで国際オリンピック委員会(IOC)委員に対しプレゼンテーションを行った。4000億円超の基金を積み立てた財政力や、半径8キロメートル以内に大半の競技会場を集める施設整備力など、東京の強みを再点検した。

「東京がアピールしてきた魅力が十分に伝わったと思う」。IOCが立候補都市の評価報告書を公表した先月25日、都の招致関係者は安堵(あんど)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン