/

この記事は会員限定です

病気治療にビックデータ 遺伝子との関連分析、薬開発へ

[有料会員限定]

患者の遺伝情報を大量に集めた「ビッグデータ」を病気の治療に生かす動きが始まった。東京大学や理化学研究所などはがんや糖尿病などの患者30万人分のデータを収集、病気の原因や副作用の少ない薬の開発につなげる。国立がん研究センターも欧米・アジアの医療機関と連携して全世界で100万人規模のデータベースを整備する。ヒトゲノム(全遺伝情報)の解読完了から10年を迎え、遺伝情報を活用した個人向け医療の実現に向けた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン