/

この記事は会員限定です

伊丹、規制緩和で活性化 関空と経営統合1年

[有料会員限定]

関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港が経営統合し、7月1日で1年になる。伊丹空港は統合で発着枠を広げ、航空会社は路線網を拡充。足元では空港の利用者も増え始めた。格安航空会社(LCC)の就航で新たな旅客需要を掘り起こす関空とともに、地元は空港に活性化の期待を託す。ただ伊丹空港では旅客ターミナルの改修計画がずれ込むなど誤算も生じた。運営権売却(コンセッション)を控え、統合効果を高める取り組みが必要にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン