/

この記事は会員限定です

秩父の困民、苦渋の蜂起 絹の里襲った恐慌の荒波

[有料会員限定]

1884年(明治17年)11月、現在の埼玉県秩父市を中心に数千人規模の民衆が武装蜂起した。生活に困窮した養蚕農民らが「秩父困民党」を結成し、借金の返済猶予や税の軽減を求めた「秩父事件」だ。高利貸しの家を打ち壊すなどした民衆に、政府は警察や軍隊を動員。10日ほどで鎮圧したが、双方に多くの死傷者が出た。秩父市の下吉田と吉田石間(いさま)の両地区には今も事件の痕跡が残る。

西武秩父駅からバスで約40分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン