/

この記事は会員限定です

信州・奥志賀の根曲がり竹、乱獲防げ 特産品化も推進

[有料会員限定]

信州の初夏の風物詩、根曲がり竹のタケノコ収穫が最盛期を迎える中、県内一とされる産地、山ノ内町の志賀高原で新たな試みが動き出した。乱獲を防ぎ、環境を保護するために県外からの入山を宿泊者に限定。全国展開を視野に商品化も急ぐ。地元の特産を守り、スキー場の低迷を補う夏場の誘客源として生かそうという戦略だ。

「ほら、そこに良い色のが生えてる」「ここにもあるよ」――。

志賀高原の山ではこの時期、毎日のように...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン