/

この記事は会員限定です

中国の食品市場100兆円、日本に商機

日清オイリオなど、販路に課題

[有料会員限定]

日本の食品メーカーに対する中国の企業や消費者の信頼は高い。世界一厳しいとされる日本の消費者に磨かれた商品開発力や品質管理技術があるからだ。

アサヒグループホールディングスは中国の北京や上海などで牛乳を販売している。価格は1リットルで23元(約370円)と中国製品の2倍以上するが、2012年の販売量は前年より5割伸びた。自社牧場で原乳をとり、小売店まで冷蔵輸送する一貫した管理体制が都市部の消費者を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン