/

この記事は会員限定です

埼玉の製造業と農業 県農産品の商品化で連携加速

[有料会員限定]

埼玉県内で地産地消型の商品開発を通じ、農業と製造業の連携が活発化してきた。乾麺販売の翁の郷(蓮田市)は県内産の小麦と小松菜を使った「小松菜うどん」を岩崎食品工業(同)と共同開発、7月から贈答用の商品として投入する。小山本家酒造(さいたま市)は県産米だけを使った純米吟醸酒を発売した。いずれも県内の農産品だけで商品化することで、ブランド力を高める狙いがある。

翁の郷はうどんに小松菜の粉を混ぜた「小松菜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン