/

この記事は会員限定です

志賀原発、活断層疑い解決後に再稼働申請 北陸電社長が方針

[有料会員限定]

北陸電力の久和進社長は26日、志賀原子力発電所(石川県志賀町)の敷地内で指摘されている活断層存在の疑いが原子力規制委員会により解消され次第、速やかに再稼働の申請をする方針を示した。定時株主総会後の記者会見で明らかにした。ただ申請や規制委による審査の時期については「見通せない」と述べるにとどめた。再稼働の可否や時期は不透明な状況が続く。電気料金については引き上げ回避の方針を改めて示した。

北陸電の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン