/

福山SAに複合商業施設 西日本高速、特産のバラ関連商品販売

西日本高速道路などは27日、山陽自動車道福山サービスエリア(SA、広島県福山市)に複合商業施設「パヴァリエ ローズマインド福山」を開業する。地元特産のバラにちなんだ商品をそろえるほか、老舗菓子店や人気飲食店など11店舗が出店する。魅力を高め、高速道の利用拡大につなげる。

パヴァリエは西日本高速道路のSAの新ブランドで福岡県、滋賀県に続き3店舗目。中四国地区では初の出店となる。店舗は平屋建てで延べ床面積は1385平方メートル。店舗部分はSA運営のサルボ両備(福山市)が運営する。

店内のフードコートには尾道ラーメン「瀬戸内の麺処」、「大阪王将」など4店が出店。持ち帰り用の長州赤どり「鳥政」、お好み焼き「福焼」など3店も入る。土産店としてはもみじ饅頭(まんじゅう)「にしき堂」、地元和洋菓子店「虎屋」が出店する。

バラをデザインした財布や化粧ポーチ、コーヒーカップなどの販売コーナーも設けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン