/

この記事は会員限定です

「本社は富士市」にこだわる 東海電子の杉本一成社長

富士山 魅せられて(3)

[有料会員限定]

アルコール測定器メーカーの東海電子は5年前、富士市東部の桑崎(かざき)から中部の厚原に本社・工場を移した。古いつきあいの証券会社や監査法人から「上(株式公開)を目指すなら東京に行くべきだ」と進言された。だが、社長の杉本一成さん(69)はあえて耳を貸さなかったという。「ずっと富士山のそばにいたいんです」

東海電子の設立は1979年に遡る。生まれ育った東京の東大和市で町工場を経営していたが、取引先のカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン