2018年11月13日(火)

電王戦「将棋ソフト、本当の強さはこれから」
コンピューター将棋研究第一人者の飯田教授に聞く

(1/3ページ)
2013/6/26 7:00
保存
共有
印刷
その他

 今春行われたコンピューター将棋ソフトとプロ棋士との第2回「電王戦」の5番勝負で、コンピューター側が人間を圧倒した。ネット中継が大人気を博し「見る将棋ファン」を増やした点で画期的なイベントだった。コンピューター将棋研究の第一人者で、プロ棋士でもある北陸先端科学技術大学院大学の飯田弘之教授に勝敗のポイントと今後について聞いた。

飯田弘之(いいだ・ひろゆき) 1962年山形県出身。94年東京農工大大学院博士課程修了。静岡大などを経て2005年から現職。専門は人工知能、ゲーム情報学。将棋ソフト「TACOS」などの開発でコンピューター将棋の先駆者的存在。世界コンピュータ将棋選手権の世話役を長く務め、ソフト開発者たちとの交流が深い。自身はソフト開発の現場から離れ、ゲームの背後にある思考の可視化研究に取り組む。指し将棋は83年プロ四段。88年五段、00年六段。94年から棋士活動は休止している。

飯田弘之(いいだ・ひろゆき) 1962年山形県出身。94年東京農工大大学院博士課程修了。静岡大などを経て2005年から現職。専門は人工知能、ゲーム情報学。将棋ソフト「TACOS」などの開発でコンピューター将棋の先駆者的存在。世界コンピュータ将棋選手権の世話役を長く務め、ソフト開発者たちとの交流が深い。自身はソフト開発の現場から離れ、ゲームの背後にある思考の可視化研究に取り組む。指し将棋は83年プロ四段。88年五段、00年六段。94年から棋士活動は休止している。

――コンピューターの3勝1敗1分をどうみていますか。

「第1局こそコンピューター側に凡ミスがあって負けたが、それがなければコンピューター側が全部勝っていたと思う。引き分けも勝ちに等しい。今のコンピューターの実力からみると、あの結果は必然だ。ただ5番勝負に意味があったのか疑問だ」

■米長先生は長い間準備していた

――それはなぜですか。

「電王戦を企画した米長邦雄先生(永世棋聖、前日本将棋連盟会長、2012年12月死去)が期待したのは、先生と同じくらいに準備して対局に臨んでほしいということだった。私も依頼を受けて出場予定のプロ棋士たちと何カ月間か、一緒に勉強させていただいた」

「でも参加したプロ棋士側は、先生が期待したような準備をしないで臨んだ。だから、そういう点ではあの結果自体にあまり意味はないと思うし、先生の期待を裏切った形になって残念だ」

――米長さんは早くからコンピューターの可能性に注目して北陸先端大の特任教授も務め、2012年1月にソフト「ボンクラーズ」と第1回電王戦を戦いました。

「米長先生はかなり長い年月準備していた。私が察するに数年をかけ、電王戦の半年ぐらい前からは本当に集中していた。そしてボンクラーズと練習対局するうちに、その強さに気がついたという」

「どうすれば自分に勝つチャンスがあるかをぎりぎりまで考え、2手目6二玉というコンピューターの意表を突く手をひねり出した。それでも最後に形勢を損ねて負けてしまった」

――同年3月に金沢市で開いた講演会で敗戦の弁を語りました。

「『かぐろばに沈みて匂う夏霞 若かりし吾は見つつ観ざりき』という北原白秋の詩を引用し、コンピューターの強さに気がついていたようで気がついていなかったと語っていたのを思い出す」

「先生の言葉を私なりに解釈してみると、コンピューターの強さというものは、先生が若いときに一生懸命挑戦していた大山康晴十五世名人の強さに重なることに気付いたのではないだろうか」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報