/

この記事は会員限定です

マダイの中骨を食材化 愛媛の産官が連携、コロッケなどに使用

[有料会員限定]

愛媛県などは養殖マダイの中骨を食材にする技術を開発した。レトルト食品の製造技術を活用、中骨を高温高圧で処理して軟らかくし、クリームコロッケなどの具材に混ぜて使う。切り身や刺し身にした後に残る中骨はこれまで、有償で処分していた。有効活用で廃棄物を削減するとともに、カルシウムが豊富なことをアピールして、新たな特産品に育てる。

食材化の技術は愛媛県の研究機関、県産業技術研究所と、マダイの加工を手掛ける松...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン