乳がん「超早期発見」に全力 宇都宮セントラルクリニック

2013/6/20 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本人の主な死因になっているがんや脳卒中を事前に「予防」できないか。宇都宮市で画像による診断を中心に、予防医療の最先端を追求しているのが宇都宮セントラルクリニック理事で放射線科医の佐藤俊彦だ。現在、重点を置く疾病の一つが女性のがんで目立つ乳がん。ごく早期にがんを見つける検査法に加え、通いやすい外来づくりにも力を入れている。

■「顧問医」を提唱

市街地からやや外れたクリニックでは、平日の午後にもかか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]