中部電、燃調制度で8月も料金上げ 標準世帯で最高の7555円

2013/6/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エアコン需要が高まる夏場の電気料金を円安が押し上げている。中部電力は原燃料価格を料金に反映する原燃料調整(燃調)制度に基づき、8月の電気料金を引き上げる。値上げは5カ月連続。電気料金は現行方式となった2009年5月以降で最高を更新しそう。電力会社の値上げには燃調制度以外に、経済産業相の認可を要する本格的な料金改定もある。中部電は08年4月以降、改定していないが、料金は上昇傾向だ。

燃調制度は毎月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]