打って走って投げて…息つく間なく 二刀流の難しさ

2013/6/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

投手兼5番打者による投打同時二刀流の難しさもこの日、改めて浮き彫りになった。通常の9番打者ならベンチ前でのキャッチボールに専念できる一回表の場面。4番中田で攻撃が切れ、ネクストバッターズサークルで待機していた大谷は十分な準備もできずマウンドにのぼった。

先頭打者で二塁打を放った二回は送りバントで三進すると、スクイズ(ファウル)で本塁へ走る場面も。三塁走者のまま攻…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]