科学技術立国 出遅れ日本、世界と連携を

2013/6/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

科学技術の世界がすさまじい勢いで変化している。経済の立て直しへ新しい成長戦略を打ち出した日本も、これまでのやり方は通じない。日本の科学技術への自信が過信になっていないか、世界の潮流に対応できるしなやかさを養っているか。科学技術立国を支える現場の姿から、日本の未来を考える。

理化学研究所の上田泰己プロジェクトリーダーは睡眠や体温のリズムをつかさどる体内時計の研究で世界の先頭をいく。体が刻む時を正確…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]