/

この記事は会員限定です

首都圏一の酒どころ 埼玉を支える「地産地消」

[有料会員限定]

酒どころといえば灘(兵庫県)、伏見(京都)、それに新潟。では、その次は? 都道府県別に清酒の出荷量をみると、4位で続くのは埼玉県だ。石灰質を含んだ秩父山系・荒川水系の伏流水など、埼玉県内には酒造りに適した水が豊富とされる。しかし、自然の恵みは埼玉に限らない。銘酒の産地である秋田や広島を量でしのぐ理由は何か。

埼玉県内には35の酒蔵がある。それぞれに歴史があり「創業からの平均年数は160年を超える」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン