/

この記事は会員限定です

高校生の学ぶ意欲向上狙う センター試験廃止へ

[有料会員限定]

文部科学省が大学入試センター試験の廃止を検討する背景には、導入から20年以上が経過し、大学志願者の基礎学力を測るという当初の目的の達成が難しくなってきた事情がある。入試形態の多様化に伴い、十分な学力がなくても大学に入る若者も多い。複数回受験できる新たな共通テストを入試に活用すれば、大学が学力を正確に把握できるばかりでなく、高校生の学ぶ意欲を高めるとの期待がある。

センター試験が始まったのは1990...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン