/

この記事は会員限定です

インド女性市場 「6億の目覚め」に海外が注目

[有料会員限定]

インドで、女性向けマーケットに注目が集まっている。市場としても労働力としてもあまり重視されてこなかったが、経済発展で働く場が増え、購買力が上昇。人口の半分ながら約6億人という巨大な潜在力に、外国企業が目を付け始めた。インド全体の成長が減速する中、"内なる新市場"を巡る競争が本格化しそうだ。

ピンクの二輪車

「ピンクライン」。印北部スラジプールにあるヤマハ発動機の工場には、こう呼ばれる製造ラインが

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません