/

この記事は会員限定です

韓国系信組に大再編の予感

[有料会員限定]

全国の韓国系信用組合を1つまたは2つに集約する――。韓国系信組でつくる在日韓国人信用組合協会(韓信協)が温める大再編構想。2000年の発表後、いったん頓挫した計画が再始動する。

中央商銀信用組合(横浜市)とあすなろ信用組合(長野県松本市)が合併協議を始めたことが発端だ。自己資本比率(12年3月末)が最低基準の4%に近づき、「単独では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン