/

この記事は会員限定です

広島駅周辺、開発に弾み 北口で国有地入札、イケア応札検討

[有料会員限定]

JR広島駅周辺を中心とした広島市中心部の大型再開発事業が動き始めた。中国財務局は20日、駅北口の「二葉の里地区」にある国有地の一般競争入札を実施。世界的な家具専門店のイケア(スウェーデン)が入札を検討していることが分かった。南口でも家電量販店を核にした複合施設が着工した。ただ市内にはほかにも未利用地が多く、都市機能の整備にどう生かすかが課題だ。

財務局は二葉の里地区の再開発事業で、事業区内の国有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン