/

この記事は会員限定です

社外取締役おかない企業、社長選任の賛成減る

[有料会員限定]

5月に開催が相次いだ2月期決算企業の株主総会で、社外取締役がいない企業の社長の取締役選任議決の賛成率が下がる例が出てきた。海外の議決権助言会社が、社外取締役を置かない企業の経営トップの選任に賛成しないよう株主に勧めており、海外の機関投資家の一部が反対に回ったとみられる。

経営責任などが問われない限り、取締役選任への賛成率は9割程度が一般的だ。社外取締役のいない会社では70~80%台にとどまる例が出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン