九州の製造業、中国事業見直し相次ぐ 日本タングステンなど

2013/5/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州の製造業が相次ぎ中国事業を見直す。日本タングステンは中国工場で減産に踏み切り、農機メーカーの筑水キャニコム(福岡県うきは市、包行義郎社長)は計画していた現地の設備増強を見送る。人件費の上昇や円安進行、現地の景気減速などを背景に、中国事業の採算が悪化しているためだ。中国進出を進めてきた九州の企業は戦略の練り直しを迫られている。

日本タングステンは中国・吉林省四平市の子会社で生産する白熱電球用の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]