/

この記事は会員限定です

亀田製菓、「柿の種」米で委託生産 小麦アレルギー物質含まず

[有料会員限定]

亀田製菓は7月にも、米国で代表商品「柿の種」の現地生産を開始する。日本食ブームの追い風に加え、昨秋から米大手スーパーで販売を開始するなど販路が広がっていることに対応する。小麦アレルギーの原因物質であるグルテンを含まない付加価値の高さもアピールし、健康志向の強い米国の消費者に訴える。

現地生産を開始するのは亀田製菓の子会社「カメダUSA」(カリフォルニア州)。同社は柿の種「カメダクリスプス」などの名...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン