/

この記事は会員限定です

EV無線給電、実用化急ぐ 産学で技術開発進む

[有料会員限定]

ケーブルなど電線を使わず電気を電気自動車(EV)へ送電する「ワイヤレス(無線)給電」の技術開発が進んでいる。埼玉大学とアイシングループのテクノバ(東京・千代田)は車と住宅の双方向で電気をやりとりする技術を開発した。昭和飛行機工業と日産自動車などは車が走行中でも送電する実験に着手。東京大は複数の車に同時に電気を送る技術を開発した。EV向けの無線給電は2015年にも実用化される見通しで、各社は製品化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません