/

この記事は会員限定です

富士五湖、本当は八湖? 富士急の開発で名称定着

[有料会員限定]

世界文化遺産に登録される見通しの富士山。中でも富士五湖は周辺で最大の観光地として多くの観光客が訪れる。しかし、この名称が知られるようになって100年もたっていない。周辺には他の湖もあり、八湖とも六湖とも数えられる。

江戸時代は八湖といわれた。富士山信仰では現在の五湖に加え、志比礼(しびれ)湖(四尾連湖)、明見(あすみ)湖に、現在は水が枯れている泉津(せんづ)湖(泉瑞)を含む「富士八海」を巡礼するの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン