川崎のベンチャー、買い物用ポリ袋に新技術

2013/5/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

川崎市のベンチャー企業が買い物用のポリ袋で相次ぎ新機軸を打ち出した。樹脂成型のユニオン産業は竹の粉末を混ぜた抗菌フィルムを開発し、今夏から買い物袋用に量産を始める。容器開発のアスラビットは弁当や総菜を巾着袋のように包み込んで汁漏れを防ぐ仕組みを考案、6月から埼玉県で市場テストに入る。新たな機能を武器に既存のポリ袋からの切り替えを狙う。

ユニオン産業は竹の粉末や麦の外皮といった有機廃材を練り込んだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]