/

この記事は会員限定です

ローソン、開発支援の店舗 健康志向の食拡充

発売前の商品を評価

[有料会員限定]

ローソンは消費者の健康志向に合わせた食品の開発でメーカーと連携する。未発売の商品などを扱う専門店を都内に設け、販売データや消費者の声を収集。メーカーはデータをもとに商品を改良し、ローソンの通常の店舗で先行発売する。メーカーの商品開発を支援してカロリーを抑えた食品などを充実させる。健康への意識が高いシニア層や女性の購買を促す。

特定の分野の商品開発を主眼にした店舗を設ける試みはコンビニエンスストアで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン