/

この記事は会員限定です

川口スチール工業、6割軽い太陽光発電設備を拡販

[有料会員限定]

屋根材施工業の川口スチール工業(佐賀県鳥栖市、川口信弘社長)は強度の弱い屋根にも設置できる軽量の太陽光発電システムを拡販する。同システムの設計・販売を手掛ける新会社をこのほど設立。工場や物流倉庫の屋根の有効活用を検討する企業向けに売り込んでいく。

拡販する同システム「ラズソーラー・ネオ」(最大出力220ワット)は太陽光パネルを屋根に据え付ける架台に、強化ガラスや薄鋼板を使用。1平方メートル当たりの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン