JR東「新宿―河口湖」快速を新設

2013/5/21付
保存
共有
印刷
その他

東日本旅客鉄道(JR東日本)は今夏、JR新宿駅から富士急行河口湖駅行き直通快速「山梨富士号」を新たに運転する。富士山の世界遺産登録が確実になったのを受け、今年の夏休みの観光客増加を見込んで列車を増発する。

山梨富士号は7~9月の土曜・休日(8月31日と9月1日を除く)に運転し、新宿駅―河口湖駅間を1日1往復する。河口湖行きは新宿駅を午前7時39分に発車。三鷹、立川、八王子、大月、富士山、富士急ハイランドなどの駅に停車し、富士山登山の玄関口となる河口湖駅には午前10時23分に到着する。

既に同区間では快速を土曜・休日に運転しているが、需要増が見込まれるため新たな快速を設けた。

新宿駅、小山駅(栃木県小山市)から河口湖駅に向かう既存快速の名称も改める。現在は「ホリデー快速河口湖号」だが、7月以降は「ホリデー快速富士山号」に変更。富士山という言葉を前面に打ち出して観光客への浸透を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]